【maxzenの食洗機】乾燥モードの有無と種類と電気代の話。【JDW03BS01】

MAXZENの食洗機(JDW03BS01)について 乾燥モードについて

この記事では、MAXZEN(マクスゼン)の食洗機『JDW03BS01』に乾燥機能はあるのか? 乾燥の種類はどんなものか? 電気代はどれくらいか? などについて実体験をもとに画像や動画付きで解説しています。

maxzenの食洗機に、乾燥機能は付いているのか?

結論:乾燥機能は、あります。

ただし、乾燥だけのモードは搭載されていません。洗浄完了後に自動で乾燥モードに移行されます。

節約で乾燥を止めたい場合は、電源ボタンを押して電源を切れば止まるので安心です。

洗浄が終わったら乾燥モードへ行く前に一度「ぴー ぴー」と音が鳴るのでそれを合図に電源を切りに行っています。

乾燥機能は送風? 温風?

結論:送風です!

maxzenの食洗機に搭載されている乾燥は、送風なので、温風(熱風)式と比べて電気代がかなり安いです。その代わり、もちろん乾燥レベルは落ちます。

ですが、食洗機あるあるですが、食洗機ユーザーで乾燥機能を使う人はあまりいない気がします。

なぜなら、結局、送風だろうと温風だろうと、皿に残った水溜まりは乾かないんですよね。水溜まりになっていないところは送風でも温風でも乾きます。乾燥機能を使わず扉を開けて通気させるだけでも高温なのですぐに乾きます。

よってあまり乾燥機能の意味がないです。

なのでむしろ乾燥は送風の方が都合がいいです。なぜなら、乾燥を止め忘れても電気代が安いので。

乾燥中の音は、うるさいのか?

結論:静かです。

私は音に敏感な体質(脳みそ)ですが、乾燥中の音に嫌な感情を抱きません。全く気にならないです。

いつも洗浄が終わったら食洗機の扉を開けて通気性を良くした状態で放置して乾かしています。節約のために。でも、あまりにも静かなので時々ですが乾燥モード中に電源を切るのを忘れてしまいます。それくらい静かです。

maxzenの食洗機、乾燥中の様子。【動画あり】

maxzen食洗機の、乾燥中の様子。【動画あり】
maxzenの食洗機。乾燥中の様子。

このように、乾燥中はディスプレイに「FAn」と表示されます。

吸気口や排気口の位置

本体の右側には吸気口があります。左側には排気口があります。

maxzenの食洗機。通気口。
maxzenの食洗機。通気口。
maxzenの食洗機。通気口。
maxzenの食洗機。通気口。

動画

念のため、動画も貼っておきます。以下です。

「FAn」は乾燥中を意味します。「ファン」ってことだと思います。

maxzen食洗機の乾燥機能は、電気代が高いのか?

結論:温風(ヒーター)式の食洗機と比べると、かなり安い!

風を送るのと熱い風を送るのだと、やはり風を送るだけの方が電気代は圧倒的に安くなりますよね。

例えば、パナソニックのナノイー送風だと24時間で2円くらいしかかからないみたいです。で、温風ヒーターは30分で15円くらいですから、その差はヤバいです。

※詳細な数値(電力消費量)は今maxzenの公式サポートに問い合わせ中です。分かり次第、詳細な電気代もわかってくると思うので、その際はこちらの記事に追記させていただきますね!

とはいえ、どちらにせよ乾燥機能は使わないので正直どっちでもいいですね。高温のお湯で洗っているので、食器の温度も高いまま。洗浄後に乾燥を止めてドアを開けて通気させておくだけで十分です。次使うときにはほぼ乾いてくれます。

結論:maxzenの食洗機なら、乾燥を止め忘れても安心! 

前述同様ではありますが、乾燥機能は大体どの機種にもついていますが、使いません。なぜなら、使っても使わなくも乾くスピードはそれほど早くなるとは体感できないからです。そりゃ、若干は早くなると思いますが、電気代を支払ってまで乾燥機能を使いたいと思いません。扉を開けて放置するだけでいいならそれでいいのです。

あと、もし乾燥モードを止め忘れても、maxzenの食洗機なら送風だけですので、電気代は安いです。だから高い電気代を払うことにはならないので安心ですよね。我が家はそれを理由にあえて送風機能のみのmaxzenを選びました。送風敷かないことが逆に嬉しいのです。

はい!

以上で『【maxzenの食洗機】乾燥モードの有無と種類と電気代の話。【JDW03BS01】』おしまいです。お役に立てましたでしょうか^_^

他にも、下のほうへ行くと、MAXZENの食洗機に関連した記事がたくさんあります。宜しければどうぞ見てみてください。

それでは、また。